ホーム > CSR活動 > 環境対策
環境対策
アシードグループでは多くの自動販売機を運営管理しています。365日24時間常に稼働している自動販売機は、消費電力の削減が重要な課題です。 アシードグループでは、以前より蛍光灯のタイマー設定、省エネ自動販売機やノンフロン自動販売機の導入を積極的に進めており、最新のヒートポンプ式自動販売機では、飲料を冷却するために外気に放出していた熱を、加熱・保温に再利用するなどで熱効率を上げ省エネルギー化を図っています。これにより消費電力が10年前に比べ約1/4まで削減されています。 また、自動販売機の周囲の清掃、ゴミ処理を徹底しており、回収した缶やペットボトルは拠点に持ち帰り、都道府県の許可をうけた処理業者に依頼しリサイクルを行っています。
環境方針

基本理念
 アシードホールディングス株式会社は、組織を取り巻く地域社会や地球上に発生する様々な環境問題を当社の大きな課題として受けとめ、常に組織と環境との調和を目指します。美しい地球環境の保全は人類共通の「おもいやり」の発露にあると考えます。われわれ一人ひとりが環境に対する正しい認識を深めると共に「人と環境と自販機の調和」を図るため、自然や地球を「おもいやる」心を企業活動に生かし、豊かな社会の発展に貢献します。

基本方針
アシードホールディングス株式会社は、基本理念の実現のため、環境スローガン「未来は生活者の視点でASEEDを選択します。人・環境・景観との調和、自販機システムの価値を求めて」を基本方針に定めて以下の環境マネジメントシステムを推進します。

(1)  全ての事業活動において環境側面を常に認識し、環境目的及び目標を設定して環境マネジメントシステム及びビジネスシステムの継続的な改善と汚染の予防を図ります。

(2)  環境関連法規制及び当社が同意するその他の要求事項を遵守するにとどまらず、技術的、経済的に可能な範囲で自主基準を制定して更なる環境保全に取り組みます。

(3)  当社が行う事業活動の中で環境に影響を与える下記の項目を実行して環境方針を達成します。

1. 廃棄物対策及びリサイクルを進めることにより廃棄物の低減を図り環境保全に貢献します。
2. 電気・紙のムダを無くしエネルギー及び資源の軽減をすすめます。
3. 車輌の効率的な運行により、燃料の軽減を図ると共に大気汚染の防止に努めます。
4. 森林資源を守るため非木材製紙カップの使用を推進します。
5. 地域・近隣の緑化及び美化運動を積極的に推進します。
6. グリーン調達の推進に努めます。

(4)  当社は「環境方針」を全従業員及び当社の施設で作業をする請負業者・供給者に周知し実行・維持します。

(5)  社会への責任を果たすために環境方針を社外に公表し、一般の人の要求に応じて提供可能なものとします。


アシードホールディングス株式会社 代表取締役社長 河本 大輔