ホーム > 企業情報 > 沿革
1972年11月 広島県福山市入船町に「中国フード機器株式会社」を設立し、食品機器の販売を開始する
1973年2月 自動販売機によるオペレーター業務を開始し、食品店事業所へのロケーション展開を図る
1976年12月 増資により新資本金1,500万円となる
1978年5月 増資により新資本金2,500万円となる
1979年11月 増資により新資本金3,000万円となる
1980年5月 広島県福山市引野町に本社屋を建設移転
1987年11月 創立15周年を迎えて講演などの記念行事を開催する
1988年4月 増資により新資本金7,200万円となる
1988年6月 増資により新資本金1億3,950万円となる
1989年6月 CIを導入し「アシード株式会社」に社名変更
松江研修センターを開設
1990年3月 増資により新資本金1億9,070万円となる
1990年4月 株式会社共和サービスと合併し、九州エリアのサービス網を充実
1990年8月 有限会社ティスター宮崎と合併
1991年9月 増資により新資本金5億419万円となる
1992年11月 創立20周年を迎えて永年勤続表彰などの記念行事を開催する
1993年12月 日本証券業協会の承認にり店頭市場に株式を公開
増資により新資本金7億1,819万円となる
1994年5月 株式分割を実施。1株につき1.2株の割合
1995年12月 スイスフラン建転換社発行
1996年8月 東京事務所を開設
子会社 株式会社アシード情報システムを設立
1999年2月 北関東ペプシコーラボトリング株式会社(本店所在地 群馬県前橋市)の株式を取得。当社の子会社とする。
1999年10月 スイスフラン建転換社債の株式への転換により新資本金7億9,847万円となる。
2000年5月 株式分割を実施。1株につき1.2株の割合
2000年11月 酒造会社 三吉酒造場((本社所在地 広島県福山市)の株式を取得。当社の子会社とする
2001年2月 東京証券取引所 市場第二部上場
2002年7月 北日本サンポッカ株式会社(本社所在地 仙台市若林区)の株式を取得。当社の関連会社とする
2002年11月 創立30周年を迎えてアシードフォーラム等の記念行事を開催する
2003年10月 株式会社 オリエンタル洋行から自販機営業部門を譲受
2003年11月 中国上海市に、上海愛実得飲食管理有限公司として法人設立
2004年4月 「株式会社 三吉酒造場」を「アシードブリュー株式会社」に社名変更
同時に飲料製造事業をアシードブリューに統合し、宇都宮飲料工場(栃木)と瀬戸内酒類工場(広島)の2工場による生産体制を構築
「北関東ペプシコーラボトリング株式会社」を「北関東ペプシコーラ販売株式会社」に商号変更
有限会社 マシン青森を子会社とする
2005年9月 ポッカコーポレーションの子会社 石川サンポッカ株式会社(本社 石川県金沢市)の株式を取得。 当社の子会社とする
2006年8月 子会社 アシードブリュー株式会社と株式会社アシード情報システムを事業統合
2008年10月 「アシード株式会社」を「アシードホールディングス株式会社」へ商号変更し持株会社制へ移行
2011年4月 飲料製造会社、宝積飲料株式会社(本店所在地 広島県東広島市)の株式を取得。当社の子会社とする
2011年9月 本社を広島県福山市船町に移転
2013年1月 ベトナム・ホーチミン市に駐在員事務所を開設
2014年7月 ベトナムのHaLong Beer And Beverage Joint Stock Companyの株式を取得し、持分法適用関連会社とする
2015年10月 株式分割を実施。1株につき2株の割合